独立行政法人国立病院機構 下志津病院 千葉県四街道市鹿渡934-5

文字サイズ

サイトマップ

小児科のご紹介

下志津病院小児科では、一般疾患の外来、入院診療および救急診療に加え、喘息・アレルギー疾患、肥満、代謝疾患、発達障害および重症心身障害のあるこどもの診療を行なっています。また、乳児健診や予防接種も実施しています。
医師、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師、理学療法士、臨床心理士、保育士が力を合わせてこどもたちの生活をサポートいたします。県内外の医療機関、印旛市郡を中心とした保健機関、教育機関と連携し、小児医療だけなく乳児から大人までのヘルスプロモーションを展開しています。

一般の病院にはない特色として、当科では小児慢性疾患の長期入院療法を行っています。併設の千葉県立四街道特別支援学校と連携して、総合的な医療やケアを提供しています。
当科は日本小児科学会の研修指定医療機関として、小児科専門医の育成を行っています。また、研修協力病院として、臨床研修医の小児科研修を実施しています。

日本アレルギー専門医教育研修施設として、アレルギー疾患の専門医育成だけではなく、日本難治喘息小児アレルギー疾患学会認定エデュケーターの育成にも取り組んでいます。

外来について

小児科外来では、一般疾患、アレルギー科、小児神経科の予約診療に併行して、インフルエンザなどの急性疾患を中心とした予約外診療を行っています。
予約外で受診される患者様の診察は受けつけ順に行いますが、症状の程度などにより変わることがあります。

アレルギー疾患や小児神経疾患で初めて受診される方は、紹介状がある場合は予約受診することができます。地域医療連携室へお問い合わせください。紹介状の有無によらず、予約なしで受診した場合は、十分な診察時間を確保できないことがありますのでご了承ください。
1日の外来受診者数は、季節的な変動もありますが、100-130名程度です。およそ半数が、喘息やアレルギー疾患です。一般疾患とアレルギー疾患は、小児科外来での診療となります。

てんかんや脳性麻痺等の小児神経疾患は、月曜日と水曜日の小児神経外来での診療となります。また、当科では月に2-3回小児循環器専門医による心エコー検査を中心とした診察を実施しており、心雑音・心電図スクリーニング後の二次精査や川崎病後のフォローを行っています。

小児科

当科で対応している主な疾患

疾患群 疾患名
感染症 肺炎、尿路感染症、髄膜炎、溶連菌感染症、感染性胃腸炎、インフルエンザ、流行性耳下腺炎(おたふく)、水痘など
アレルギー疾患
(アレルギー科)
気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、スギ花粉症など
糖尿病 1型糖尿病、2型糖尿病(成人型の糖尿病)
リウマチ性疾患 川崎病、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病(IgA血管炎)
若年性特発性発性関節炎、小児SLE、若年性皮膚筋炎など
腎臓・泌尿器疾患 ネフローゼ症候群、腎炎、夜尿病
神経および神経関連疾患
(小児神経)
てんかん、脳性まひ、発達障害(自閉症、注意欠陥多動性障害など)など
内分泌、代謝疾患 高度肥満、低身長病、甲状腺疾患、先天性代謝異常
その他 発達の遅れ、不登校、起立性調節障害

心理療法室について(docx)

医師紹介

常勤医師

  • 山本 重則(やまもと しげのり)

    山本 重則(やまもと しげのり)

    職 名
    副院長 小児科常勤医師
    認定医等
    小児科専門医・指導医
    身体障害者福祉法指定医
    専門分野
    消化器、代謝、小児神経
  • 佐藤 一樹(さとう かずき)

    佐藤 一樹(さとう かずき)

    職 名
    アレルギー科医長 小児科常勤医師
    認定医等
    日本アレルギー学会専門医、小児科専門医
    専門分野
    アレルギー、免疫
  • 鈴木 修一(すずき しゅういち)

    鈴木 修一(すずき しゅういち)

    職 名
    小児科医長 小児科常勤医師
    認定医等
    日本アレルギー学会専門医・指導医
    小児科専門医・指導医
    日本リウマチ学会専門医
    日本禁煙科学会認定禁煙支援医師
    専門分野
    小児科一般、アレルギー、免疫
  • 石原 あゆみ(いしはら あゆみ)

    石原 あゆみ(いしはら あゆみ)

    職 名
    小児科医長 小児科常勤医師
    認定医等
    小児科専門医、身体障害者福祉法指定医
    専門分野
    小児神経、発達障害、重症心身障害
  • 鈴木 由美(すずき ゆみ)

    鈴木 由美(すずき ゆみ)

    職 名
    感染症内科医長 小児科常勤医師
    認定医等
    小児科専門医・指導医、抗菌化学療法認定医
    インフェクションコントロールドクター(ICD)
    専門分野
    感染症
  • 渡辺 博子(わたなべ ひろこ)

    渡辺 博子(わたなべ ひろこ)

    職 名
    小児科常勤医師
    認定医等
    日本アレルギー学会専門医、小児科専門医
    臨床研究指導医
    専門分野
    アレルギー、呼吸器
  • 玉地 喜美香(たまち きみか)

    玉地 喜美香(たまち きみか)

    職 名
    小児科常勤医師
    専門分野
    小児科一般
  • 伊藤 直香(いとう なおか)

    伊藤 直香(いとう なおか)

    職 名
    アレルギー科常勤医師 小児科常勤医師
    認定医等
    日本アレルギー学会専門医・指導医
    小児科専門医・指導医
    専門分野
    小児科一般、アレルギー疾患全般、免疫療法
  • 眞山 義民(さなやま よしたみ)

    眞山 義民(さなやま よしたみ)

    職 名
    小児科常勤医師
    認定医等
    身体障害者福祉法指定医
    専門分野
    消化器、代謝
  • 奥井先生

    奥井 秀由起(おくい ひでゆき)

    職 名
    小児科常勤医師
    認定医等
    小児科専門医・感染症専門医
    インフェクジョンコントロールドクター(ICD)
    専門分野
    小児科一般、小児感染症、アレルギー
  •  土屋先生

    土屋 敦子(つちや あつこ)

    職 名
    小児科常勤医師
    認定医等
    小児科専門医
    専門分野
    小児科一般

非常勤医師

  • 西牟田 敏之(にしむた としゆき)

    西牟田 敏之(にしむた としゆき)

    職 名
    名誉院長 小児科非常勤医師
    認定医等
    日本アレルギー学会専門医・指導医、小児科専門医
    身体障害者福祉法指定医
    専門分野
    アレルギー、呼吸器
  • 中村 文子(なかむら ふみこ)

    中村 文子(なかむら ふみこ)

    職 名
    小児科非常勤医師
    認定医等
    小児科専門医
    専門分野
    内分泌
  • 松浦 朋子(まつうら ともこ)

    松浦 朋子(まつうら ともこ)

    職 名
    小児科非常勤医師
    認定医等
    日本アレルギー学会専門医、小児科専門医
    専門分野
    小児科一般、アレルギー
  • 大森 佳子(おおもり よしこ)

    大森 佳子(おおもり よしこ)

    職 名
    小児科非常勤医師
    認定医等
    身体障害者福祉法指定医
    専門分野
    小児神経
  • 須藤 扶佐代(すどう ふさよ)

    須藤 扶佐代(すどう ふさよ)

    職 名
    小児科非常勤医師
    認定医等
    小児科専門医
    専門分野
    感染症

外来診療担当

月曜日 一般 喘息・アレルギー・腎臓・肥満・代謝 眞山(義) 渡辺 中村 鈴木(修)(AM) 交代制(女子医大)
火曜日 一般 喘息・アレルギー 須藤 奥井(AM) 松浦 佐藤 鈴木(由)(PM)
水曜日 一般 喘息・アレルギー・代謝 山本(重) 鈴木(修)(AM) 鈴木(由)(AM) 西牟田(AM) 玉地
木曜日 一般 喘息・アレルギー・腎臓・肥満 土屋 渡辺 中村 佐藤 交代制(女子医大)
金曜日 一般 喘息・アレルギー・腎臓・肥満 須藤 石原 中村 鈴木(修)

外来受診方法についてはこちら

外 来

予約変更

小児科外来の予約票を持っている患者様を対象に、予約日前日まで電話で予約変更を受けつけています。平日の13時から16時に、043-422-2511に電話して、小児科の予約変更のご希望をお伝えください。また、予約当日に検査の予約がある場合は変更できませんので、ご注意ください。予約日以降は予約外受診となります。

診療内容(各疾患についてなど)

<各疾患についてなど>

肥 満

下志津病院小児科では、肥満のお子さんを対象にした肥満外来を月・木・金曜日の週3回(受付時間は11時まで)で実施しています。体重測定、体脂肪率測定、内臓脂肪、血液検査、食事指導を中心に診療しています。夏休みには、肥満児を対象とした3泊4日の体験・教育入院も行なっています。高度肥満児で、比較的長期間の入院治療を必要とする場合は、喘息児の場合と同様に、併設の千葉県立四街道特別支援学校と連携・協力して運動療法(毎朝のランニング、特別支援学校に設置された温水プールで週2回の水泳訓練)、心理療法、食事指導、学習、家族指導等を総合的に展開しています。

アレルギー疾患

 → アレルギー科をご覧ください

神経および神経関連疾患

 → 小児神経科をご覧ください

代  謝

<入院について>

当科では、けいれん、気管支喘息発作、気管支炎・肺炎、脱水などの急性疾患の治療、食物アレルギーや肥満の教育入院、アレルギー疾患や肥満などの慢性疾患による長期入院、脳性まひ等により自宅療養が困難なお子さまの診療および自宅療養の一時支援を行っています。
急性疾患の治療方針はグループ診療により決定しています。比較的長期の入院になる場合は、担当医が個別に対応いたします。また、看護師とともに保育士が患者様のケアにあたっています。必要に応じて臨床心理士が対応いたします。

<予約外受診と夜間対応について>

予約外で当日受診の場合は、番号札をお受け取りいただきます。お呼びする際には、番号札に書かれている番号とお名前をお呼びいたします。なお、受診の理由や症状の程度により、お呼びする順番が患者様ごとに前後することがあります。予めご了承ください。
当科の外来受付は11:30までです。この時間以降は電話でご相談により受診可能なこともありますので、ご相談ください。ただし、受診までしばらくお待ちいただくことがあります。
17時以降は当直対応となります。当院に定期通院し、治療あるいは経過観察をしている疾患につきましては、夜間でもご相談いただけます。急な発熱などにつきましては、原則として当地域の小児救急体制にしたがって対応させていただいております。

<四街道市を含む印旛郡市地区の小児救急態勢について>

四街道市を含む印旛地区では、地区医師会が中心となって、当院を含む地域の小児科基幹病院の協力のもと、24時間365日の小児救急態勢を整備しています。
一次・二次・三次の各救急の役割分担の態勢になっています。印旛地区では、時間外の一次救急は、基本的に、佐倉市にある印旛市郡小児初期急病診療所が対応し、入院や検査が必要と判断された患者様は、輪番の小児科二次救急病院へと紹介されます。救急救命処置が必要な場合は、救急救命センターがある三次病院が受け入れをおこなっています。
下志津病院の小児科医師も、月に、延べ12回程度、印旛市郡小児初期急病診療所での診療に参加して、運営に大きく貢献しています。木曜日と土曜日は、下志津病院小児科が小児科二次輪番を担当して、入院や検査が必要な患者様の受け入れをおこなっています。
印旛地区の小児救急と当院の小児救急の態勢について、詳しくはこちらをご覧ください。
日本小児科学会では、夜間や休日にお子さんの具合が悪くなった時に、今すぐ急病診療所へ行くか、クリニックや病院の診療開始時間まで待つかの、おおよその目安となるように、Webサイトの「こどもの救急―おかあさんのための救急&予防サイト(ONLINE-QQ)」を運営していますので、参考にしてみてください。
また、千葉県では毎日午後7時から午後10時まで、こどもの急病電話相談事業を行っています。急に子どもの具合が悪くなったとき、医療機関にすぐに受診させたほうがよいか迷われたときにご相談ください。

<乳児健診・予防接種について>

下志津病院小児科では、四街道市から委託されて、乳児健診(第2木曜日の午後)と定期予防接種(水曜日の午後)を実施しています。また、定期予防接種のほかに、インフルエンザワクチンの任意接種もおこなっています。
予防接種に関しては、四街道市以外の方でも受けることができますので、アレルギー疾患等があって予防接種を受けてもよいかと心配されている方は、ぜひ御利用ください。なお、予防接種と乳児健診は事前の予約が必要です。

→ 健診・予防接種をご覧ください