独立行政法人国立病院機構 下志津病院 千葉県四街道市鹿渡934-5

感染防止対策室のご案内

感染防止対策室では、患者さま、職員、病院を訪問される方を院内感染から守り、安心して入院生活を送ることができるように、院内の各組織と連携を取りながら活動を行っています。

感染防止対策室には、感染対策に関する専門的な知識を持った専任医師、専従看護師、専任薬剤師、専任検査技師を配置しています。この4名を中心とした感染制御チーム(Infection  Control Team:ICT)により、常時、院内感染症の発生状況を監視するとともに、毎週、定期的に院内感染防止対策および抗菌薬適正使用について検討し、現場への指導を行っています。また、最新の感染防止に関する知見に基づいた手順書を作成し、全職員が遵守するよう各部署の感染対策の実施状況および抗菌薬使用状況を確認しています。

そして、全職員を対象に、病院内外からの講師による講演会を開催し、自己研鑽に努め、安全な医療の提供と安全な職場環境の構築を行っています。

 他の医療機関と感染対策等に関する情報共有など連携を取り、地域の感染対策の向上に努め、安全な医療の提供を目指して活動しています。


-院内感染防止対策への取組事項について-

当院では、院内感染を予防するために以下のような取組を行っています。

  • 院内感染防止対策委員会では、毎月、定期的に会議を開催して院内感染防止対策の策定と推進を行っています。
  • 感染防止対策室には、感染対策に関する専門的な知識を持った専任医師、専従看護師、専任薬剤師、専任検査技師を配置しています。この4名を中心とした感染制御チーム(Infection ControlTeam:ICT)により、常時、院内感染症の発生状況を監視するとともに、毎週、定期的に院内感染防止対策について検討し、現場への指導を行って、感染拡大を予防しています。また、最新の感染防止に関する知見に基づいた手順書を作成し、全職員が遵守するよう各部署の感染対策の実施状況を確認しています。
  • 抗菌薬の適正使用に関する取組を行っています。
  • 院内感染を予防するために、全職員を対象に、病院内外からの講師による感染対策講演会を開催し、自己研鑽に努めています。
  • 他の医療機関と感染対策等に関する情報共有など連携を取り、地域の感染対策の向上に努めています。

平成304月 

独立行政法人 国立病院機構

下志津病院長

診療科・部門案内  目次に戻る

トピックス