独立行政法人国立病院機構 下志津病院 千葉県四街道市鹿渡934-5

看護部長挨拶

 

下志津病院は、小児慢性疾患を中心とした成育医療、政策医療である重症心身障害児(者)・筋ジストロフィーを中心とした神経筋難病の医療、そして、高齢者が安心して在宅へ戻れるための地域包括医療を行っております。
看護部は「患者さま一人ひとりを尊重し思いやりのある看護を実践します」を理念に掲げ、患者さんがその人らしく笑顔で生活できるよう、日々看護の充実に努めています。
教育体制として、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム」を基本に、新人だけでなく、新人を取り巻く周囲の先輩看護師、管理者が共に成長できる組織を目指しています。また、キャリアアップとして、小児・筋ジス・重心など5つの分野の院内認定専門看護師制度を導入し、専門職業人として自信と誇りをもって、いきいきと活躍できるよう支援体制を整えています。看護職員のワークライフバランスを推進できる職場環境づくりを目指し、結婚・出産後も安心して勤務できるよう支援しています。

看護部長 卜部 博子

 

(左から)      教育担当師長  医療安全管理係長       地域医療連携係長
     看護部長                 副看護部長



看護部のご案内

下志津病院は患者さまの生命の尊厳と人格の尊重を基本として、患者さまの生活の質と生きがいを目指した医療サービスと療養環境の提供に努めています。
看護部は患者さま一人ひとりを尊重し思いやりのある看護実践を目指しています。一人ひとりが自身のもっている力を最大に発揮できるよう院内研修などに積極的に参加できる体制を整えて、看護師のキャリアアップを支援しています。また、ワーク・ライフ・バランスの推進を図り、やりがいをもって働き続けられるあたたかい組織づくりにも取り組んでいます。下志津病院のスタッフとして継続して働きつづけることで自分自身の目指す看護を実践し、医療チームの一員として貢献できる人材でいることを願っています。

看護部理念

患者さま一人ひとりを尊重し思いやりのある看護を実践します。

看護部方針

  1. 患者さまの生命および人権を尊重します。
  2. 信頼と安心の看護に努めます。
  3. 安全と安楽を保証する看護の提供に努めます。
  4. 知識・技術の向上に努め、専門性の高い看護をめざします。
  5. 医療スタッフ全体と共同しチーム医療の向上に努めます。

教育担当

看護部では平成29年度よりキャリアラダーシステムを導入し、個々の目標に基づいたキャリア開発の支援をしています。また、看護部の方針である「思いやりのある看護」を実践するため,知識・技術・態度・看護判断能力と豊かな心でケアができ、専門性の高い看護職員の育成に合わせた研修を実施しています。
新人教育では、教育担当看護師長や看護部教育委員会をなど、集合教育(研修)から病棟での実践へのサポートや精神的サポートも行っています。また、年間を通して新人看護師を支援する「プリセプターシップ体制」を取り入れ、新人看護師の成長を病棟全体で支援しています。

教育担当看護師長

レベルⅠ研修

入職1ヶ月の振り返りをしています

看護技術演習中です

一つひとつ覚えていきます








院内認定制度 院内エキスパートナースの紹介

下志津病院では平成16年度より、当院の診療内容の特徴に合わせた独自の制度をつくり、看護師のキャリアアップ支援により院内の診療・看護に役立てています。

院内エキスパート
  1. 領 域
    • 1)リウマチ看護
    • 2)小児看護
    • 3)筋ジストロフィー看護
    • 4)重心心身障がい看護
  2. 役 割
    • 1)各看護領域の専門的知識と熟練した技術をもって看護を実践・指導・相談する。
    • 2)次期エキスパートナース候補者・配置換え看護師・新人看護師に対して教育・指導・育成を行う。
    • 3)患者家族及び多職種に対して積極的に協働しチーム医療を推進する。
    • 4)倫理観を持って積極的に臨床研究を行い、研究成果を活用する。




各領域エキスパートナースの活動紹介

現在準備中

診療科・部門案内  目次に戻る

トピックス